クルマ屋のつぶやき

アルファ147 クラッチレリーズ交換  

こんにちは

MAGNAM Fでございます


先日F様にお納車いたしましたアルファ147のクラッチレリーズ交換の写真をご紹介しようかと思います。

この147、商談時にマサカのトラブル

折角お越しいただいたのにクラッチレバーが戻らなくなり、走行不能に・・・orz

原因はおそらくマスターかレリーズやな・・・と予想し、(マスターやったらええのになぁ・・・)
なんて考えてましたが、結果は残念ながらレリーズ・・・
バラして交換することになりました。(もちろんマスターもついでに交換)



通常プジョー307なんかはレリーズが外付けになっているので、
交換も容易なんですが、
dc012526.jpg






この147はクラッチの中に組み込まれてるので、少し面倒





dc012502.jpg




dc012503.jpg




dc012504.jpg新品のレリーズ



dc012505.jpg古いレリーズ

パッキンがヘタってオイルが抜けたみたい






dc012506.jpg




dc012507.jpg通常ここまでバラしたらクラッチ板なんかも交換する場合が多いんですが、
今回は、とても程度がよかったので、そっと蓋を閉じました



dc012509コピ状態を確認する工場長

いつも楽しそうにしてますが珍しく真剣な顔ですね・・・(ハラ痛いんかな・・・)







エンジンはかかるけどクラッチのつながらなかったこの147を即決で決めてくださったF様。

本当に有り難うございました

少しお住まいが遠いですが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします












スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0